BD10 (CEIBA)

DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ バランス転送対応

BD10 (CEIBA)
至高の音創り、ついにアンプの世界へ到達

至高の音創りを追求するOriolus。
満を持して発売したハイブリッド型IEM「Oriolus」は世界中から高い評価を得ました。
そんなOriolusがさらなる高音質を求めて開発したものは「アンプ」

オーディオを愛する人にとってアンプというものは、時にスピーカーよりも重要視され、
大きな金額が投資されます。なぜでしょうか?

それはアンプというものが音質を決めるとても重要なファクターだからです。

オーディオを愛する人であれば誰もが、
優れたアンプに接続した時の驚きや興奮を知っているでしょう。

「自分のイヤホンやヘッドホンが想像を超えた実力を発揮する」それこそがアンプの持つ魔法です。

Oriolusのイヤホンは至高の音創りを追求して作られています。
では、そのイヤホンの実力を最大限に引き出すにはどうすれば良いのでしょうか?

その疑問に答えるのがこのアンプなのです。

CEIBAは多彩な入力方法を持つDAC内蔵アンプ。DACチップには据え置き型DACにも
多く採用されるES9018Sを2基採用しています。

CEIBAにはUSB、同軸、光、アナログによる入力が可能となっており、PC、スマートフォン、
DAPなど、市場でメジャーなオーディオ製品を全て接続することが可能です。

CEIBAの魅力はクリーンかつ高解像なサウンド。イヤホンを使ってのリスニングでも
ノイジーな印象は全く無く、バックグラウンドはとても静かです。

単体使用でも素晴らしい音を届けてくれるCEIBAですが、フルバランス真空管アンプ OAKと
組み合わせることで、さらに至高のサウンドへ近づくことが可能となっています。
(OAKとの接続には専用ケーブルが必要となります。)
 

 

 
商品特徴
♦︎DACチップには据え置き機でも使用されるESS ES9018Sを2基搭載。
♦︎最大PCM32bit/384kHz, DSD256 DXD32bit/352.8kHzをサポート(DSDはネイティブ再生)

♦︎USB、Coaxial、Optical、アナログLine inと多彩な入力方法を装備
 


 
 
BD10 (CEIBA)
周波数特性 12.5Hz 〜 20kHz、+/- 0.1db (アンプ)
S/N比 118dB (アンプ)
デジタル入力 USB 最大PCM32bit/384kHz
DSD256 OPT/COA 最大PCM24bit/192kHz
最大出力 340mW + 340mW (32Ω)
電源 内蔵リチウムポリマーバッテリー
電池持続時間 連続約23 時間 (アンプ)/ 10 時間 (DAC)
※使用条件によって短くなる場合があります。
充電時間 約11 時間
ヘッドホンインピーダンス 8Ω~300Ω推奨
寸法・質量 W75×H21.5×D135mm , 290g
付属品 USB ケーブル , シリコンストラップ